2510地区目標
國立金助

国際ロータリー第2510地区ガバナー
國立 金助
(函館RC)

あなたの力を少しおかし下さい
全員で力を合わせれば、大きな力となります

ますます経済・社会そして世界情勢も混沌をなりつつあります。
今こそ地域は我々の奉仕の力を必要としています。あなたの力を必要としています。

2017~2018年度国際ロータリーテーマは、「ロータリー:変化をもたらす ROTARY:MAKING A DIFFERENCE」です。ロータリーとは何ですかという問いに私たちは、行動をもって答えます。ロータリーが奉仕を通して行動する事で変化をもたらすからですとイアン・ライズリーRI会長は、120万人の会員に呼びかけました。

2017~2018年度の地区・数値目標は
1.会員増強の推進   ― 純増3%
2.情報の共有     ― マイロータリーへの登録
3.環境保護の取り組み ― 120万本の植樹(会員数120万人×1本)
4.ロータリー財団寄付5%増を目指し取り組む

そして、2017~2018年度の地区・推進目標は、
1.世界ポリオデーの支援 ― あと少しで我々ロータリアンは「ポリオ撲滅達成」という歴史的瞬間に立ち会おうとしています。
2.地区委員会と各クラブの連携強化 ― 地区委員会は、クラブ支援をする為にある地区への相談窓口「クラブ管理運営委員会」を設置。
3.取り戻そう「ロータリーの心」 ― そして伝えよう「次世代を担う青少年へ」ロータリーの「人の役に立とう」と言うサービス精神は112年経った今も健在です。

ロータリーにおいて奉仕とは、生き方です

2012~2013年度 田中作次RI会長の生き方に共感して文章の一部を紹介します。
ロータリーにおいて奉仕とは、片手間にすることでも、たまに取り組んでみることでもありません。
奉仕とは生き方です。それは思いやりの心を重んじることであり、調和へと至る道です。
生活のあらゆる場面で奉仕を実践することによって、私たちは分かち合いの精神を育み、友好を見出し、平和の道を選ぶことができます。

会員皆様の日々の活躍を心より期待申し上げると共によりよい地域・日本そして世界平和の為、
皆さんの力をおかし下さい。

一人ではできないことも力を合わせれば必ず実現できると信じてます

ページの先頭へ