クラブ運営方針

クラブテーマ『広めようロータリーを・前進のために』

RI会長ジョンF・ジャーム氏のテーマは「人類に奉仕するロータリー」
に決められました。
ロータリーがさらに前進するには、意欲と思いやりと知恵にあふれた人達がもっと必要です。さらに、若い人たちが皆、ロータリーに入会して活動したいと感じるような柔軟性のあるクラブが必要です。新たなパートナーシップを模索し、ほかの団体との協力関係を切り開き、協力を通じてもっと多くを達成すべきです。リーダーシップの継続性もさらに重視する必要もあります。これは、ポリオ撲滅活動から学んだように、最大限の成果を得るには、皆が共通の方向に進む必要があるからです。人類に奉仕しなければなりません。と言っておられます。

このことから、どうすればロータリーがさらに前進できるのか、私なりに考え今年度のクラブテーマを「広めようロータリーを・前進のために」とさせていただきました。

【重点目標】
1. クラブの活性化
2. 会員増強へ強化

日本のロータリーが会員減少に悩んでいる、また新会員が入らない現状でどうしたらロータリーがさらに前進できるよう、クラブ内で協議してみたいと思っております。
さて、今回人類に奉仕する目標に向かっては、クラブを一つのチームとして、奉仕活動の達成に向けて助けあうことが大切です、なぜならロータリーのリーダーシップは奉仕活動と同様、協力が必要です。
また、クラブ奉仕委員会の会員増強委員会、例会運営委員会、親睦活動委員会に対しては、全会員の協力が必要になりご協力をお願いしたいと思っております。

※ クラブ奉仕
・会員増強におけては、会員増強委員会には全会員の協力体制を作れるようにする。
・例会出席率の向上に向けて工夫をしてまいります。
・さらなる親睦を深めれるように、移動例会また夜間例会の開催を検討します。
・マイロータリーの会員IDナンバー全会員へ配布いたします。
※ 職業奉仕
・職業倫理の基本である四つのテストを深く学び実践してまいります。
・地域の各事業所に、移動例会等で職業奉仕活動を実践している事業所を訪問致します。
※ 社会奉仕
・地域社会が求める社会奉仕事業を研究・実践します。
・継続事業の西桔梗グランドの環境・植樹事業を実施します。
※ 青少年奉仕
・クラブ奨学生の選出と奨学金の運用について協議してまいります。
・函大ローターアクトとの双方の奉仕活動に積極的に参加して、連携し提唱クラブとして青少年育成また指導してまいりたいと思います。
※ 国際奉仕
・継続事業としまして、タイへの奉仕活動を実施いたします。
・ロータリー財団が100周年に当たり、ロータリー財団米山記念への協力を推進いたします。

一年後はクラブ創立60周年という、クラブの大きな事業達成の目標に向かって実行委員会へ全面協力してまいります。

以上の目標を掲げ、一年間クラブ運営を円滑に果たしていけるよう、理事・役員・会員の皆さまの、ご協力の程宜しくお願いいたします。

五十嵐 正 広めようロータリーを・前進のために
函館東ロータリークラブ 会長
五十嵐 正
クラブ予定表
2017年6月
       
1
2
3
4
5
6
第5回クラブアッセンブリー
例会
7
8
9
10
11
12
13
例会
14
15
16
17
18
19
20
会長他委員長退任挨拶
例会
21
22
23
24
25
26
27
会長他委員長退任挨拶
例会
28
29
30
 
             
ページの先頭へ